一般社団法人登別室蘭青年会議所

たがために ~笑顔溢れる未来へ~

まちづくり委員会

テーマ : 「安心安全で街を元気に」

委員長  後藤田 勇人

 先の胆振東部地震は、震源周辺や一部地域における土砂災害や液状化現象、北海道全域に及ぶブラックアウトなど、北海道に様々な被害をもたらしました。登別室蘭両市においても、市民は不自由な生活を余儀なくされ、一人ひとりがどのように行動すべきか、改めて考えさせられることとなりました。登別室蘭青年会議所として有事の際、この地域のためにできることや備えが何かを改めて考え、安心安全を追求し行動へ移す必要があります。

 まずは、災害時に的確かつ迅速な行動をできるよう備えるために、関係諸団体と災害時における自助、共助、公助について理解を深め、どのような連携や行動が地域に必要とされているかを認識する事業を行い、市民が早期に困難を乗り越えられる体制を構築します。
 そして、我々の責務として、次代を担う子供たちに人と人とのつながりや思いやりの心、道徳心の大切さを伝えるために、防災や減災の取り組みや災害時にとるべき行動などについて学ぶ野外活動事業を行い、自分以外の誰かのために行動できる気持ちを醸成します。
 さらに、大規模災害時に備え広域的な地域間のネットワークを広げるために、過去の被災体験からどのような支援が必要であったかを共有し、必要な協力体制を協議することで有事の際に互いが支援できる仕組みを作る事業を行い、地域間のつながりを強固にします。
 また、笑顔溢れるまちづくりを推進する同志を増やすために、会員拡大特別会議体と連携し、積極的に会員候補者へ事業への参加促進を行い、会員拡大に努めます。そして、我々の運動をより活性化させるために、他委員会と緊密な連携を図り、積極的に協力します。

 安心安全を追求し災害に対する高い意識をもち、他地域とのネットワークを広げ広域的に強固なつながりを得たこの地域は、地域間の市民交流や経済交流が活発化し、人と人とのつながりをもち助け合う心を未来へ伝え、笑顔溢れる登別室蘭が実現すると確信します。

 

<事業計画>

1.連携や行動により市民が早期に困難を乗り越えられる体制を構築する事業の開催
2.自分以外の誰かのために行動できる気持ちを醸成する事業の開催
3.地域間のつながりを強固なものにする事業の開催
4.会員拡大への取り組み
5.他委員会との連携

 

<事業目的>

1.災害時に的確かつ迅速な行動をできるようにすることを目的とします。
2.次代を担う子供たちに、人と人とのつながりや思いやりの心、道徳心の大切さを伝えることを目的とします。
3.大規模災害時に備え広域的な地域間のネットワークを広げることを目的とします。
4.笑顔溢れるまちづくりを推進する同志を増やすことを目的とします。
5.運動をより活性化することを目的とします。

 

委員長 後藤田 勇人
副委員長 三浦 伸助
副委員長 福士 篤
委 員 石井 裕子 委 員 辻  弘之
委 員 菊池 昭次 委 員 藤田 和徳
委 員 佐久間 将之 委 員 山道 慎也
委 員 浜辺 美帆 委 員 矢元 一史