一般社団法人登別室蘭青年会議所

『個』の成長なくして地域の成長なし~意識改革こそが地域の未来を変える~

микрозайм с плохой ки

理事長所信2018

『個』の成長なくして地域の成長なし ~意識改革こそが地域の未来を変える~

【はじめに】

 地域の創生は未来を託された私たち青年の使命です。昨今、日本全体の人口減少や少子高齢化、厳しい財政事情とともに、経済のグローバル化の進展や、新興国の台頭など世界の経済環境変化は工場の海外移転をはじめ、私たちが住み暮らす地域にも大きな影響を与え、今後もなお厳しさを増していくと思います。私たちは政府が掲げた『地方創生』を成し遂げるために、自ら考え行動し、改革をしていくことが必要です。魅力あふれる地域にするために今『考動』しなければ、今後は先進的な取り組みをする地域や成果を上げた地域と取り組みに無関心な地域とで格差が生まれ、地域間競争の時代に勝ち進んでいくことはできません。そのためにまずは、まちづくりの原点であるひとづくりの本質を磨き感性を高めましょう。

 人は、他人のものがよく見え、持っているものを欲しがるときがあります。人がこれまで行ってきた努力や苦労を知らずにそのものだけを見て楽に人のものを手に入れようとする欲望は、自分自身を成長させるきっかけを失うことになりかねません。このことは、まちづくりにおいても同じことが言えます。人や地域が成長し成功を収める過程には、人一倍努力することはもちろん、そこに巡ってくる『チャンス』をいかにものにするかが努力することと同じくらい大切なことです。しかし、チャンスは物質的に目に見えるものではなく誰かに教えてもらえるものでもありません。自分自身でしっかりと認識し、チャンスを掴む意識を持たない限り見えないもので、自分自身の夢や目標が見えていない人にとっては、目の前にあるその状況は平常であり、何も気にせず通り過ぎてしまうものです。日頃より急に訪れるチャンスに備え、意識改革をし、絶対に掴むという強い信念がなければ掴むことはできないのです。どんな小さなことでもいいから一つずつ確実に掴んでいこうではありませんか。『個』がそれぞれの場面でチャンスを掴み、失敗を恐れずチャンスをものにするメンバーが集結したとき、その力は計り知れないほど大きな力となり、いかなる困難にも立ち向かうことができる登別室蘭青年会議所になると確信いたします。

【基本理念】

いかなる困難にも立ち向かうことができる組織

【基本方針】

1.チャンスを掴む総務広報渉外
2.チャンスを掴む人間力開発
3.チャンスを掴む社会開発
4.チャンスを掴む会員拡大

【基本行動計画】

1. チャンスを掴む総務広報渉外
 私たちの運動を幅広く発信するのは青年会議所の運動にご理解とご協力を頂くうえで 必要不可欠なことです。私たちがどんな運動を発信しようとも市民を始め、関係各位の方々にご賛同を頂けなければ成功することはできません。近年、私たちが行ってきた運動や活動は決して恥じるものではなく『明るい豊かな社会』の実現に着実に近づいている運動を行っていると確信しています。1年の始まりに多くの関係各位の皆様に堂々と胸を張って私たちの運動を発信するチャンスを掴みましょう。そして、1年間の活動が円滑に行われるために、各諸会議や事業に多くのメンバーの動員をかけるための案内を通して文章作成能力向上のチャンスまた、人に自分の想いを伝えることが出来るようになるチャンスを掴みとりましょう。また、各諸大会への参加を通して、他青年会議所のメンバーと友好を深めるチャンスを掴みとりましょう。多くのメンバーと一つの目標に向かい切磋琢磨し挑戦することは、自分自身の成長につながり、今後の人生において生涯の友となるのです。組織が一体となって動き、他の模範団体となるために、互いを尊重し、周囲との調和を保ちながら運動を展開できる組織づくりをしていきましょう。

2. チャンスを掴む人間力開発
 今日まで幾多の困難に直面してきた日本人の果敢に立ち向かうその姿勢は、私たちにとって当たり前の行動が世界の人々にとっては当たり前ではなく世界各国から多くの称賛を受けるものであります。私たちメンバーにとっても地域のリーダーとして考動していくためには必要な精神性であります。ひとりの青年経済人として、JAYCEEとして、尊敬される人材にならなくては地域にとって有益な運動を発信してもその成果を上げられるものではありません。青年会議所に入会した以上、自己修練は必要不可欠なものであり、数多くの修練を怠っては入会している意味さえ失ってしまいます。その一つひとつの場面を自身の成長のチャンスと捉え、積極的に挑戦し、『個』の資質を向上させましょう。
 また、自分自身の成長に留めることなく、その気づきや学びを多くの人に伝え、今一度、日本人としての礼節を重んじ日本固有の精神力、すなわち『日本力』を身に着けた人格者になるチャンスを掴みましょう。

3. チャンスを掴む社会開発
 2015年に創立10周年を迎えた際に掲げた地域未来ビジョンに成果を求められる 時期が来ました。『繋がりから生まれる魅力溢れる故郷(まち)西いぶり』の実現に向け、今日まで私たちは、小学生を対象としたキャンプ事業など多くの事業を展開して参りました。しかし、西胆振の中核都市である室蘭市が現在、地域の未来へ向けて重要課題に立ち向かっています。本年度、10年ぶりとなる室蘭市と岩手県宮古市とのフェリー航路が開設されます。東北地方と西胆振が結ばれ、新たな物流や人の交流が図られることになり、一時的に地域の活性に繋がるとは思いますが、この航路を再び失わないためにも、今後の活用方法を私たちの手で模索していきましょう。また、私たちの暮らしに大きな変化を与えかねない地域を代表する企業の一部撤退が報道され、室蘭市のランドマークともいえる工場夜景を失ってしまう可能性が浮上しました。貴重な観光資源とそこに関わる雇用の喪失は、この地域にとって計り知れない打撃となりかねません。そこで、私たち青年会議所が先頭に立ち英知を振り絞り、これまで幾多の困難に立ち向かってきた日本人の精神性を思い起こし、地方創生を成し遂げるため『繋がりから生まれる魅力溢れる故郷(まち)西いぶり』実現のチャンスを掴みましょう。

4. チャンスを掴む会員拡大
 JCの理念を理解し、私たちとともに活動する人がこの地域に一人でも多く増えることは、青年会議所運動を広く発信するためにも必須なことです。多くの同世代と積極的に ふれあい、私たちの運動に自信をもち発信し、理念を理解いただくチャンスを掴みましょう。会員拡大を推進するなかで生まれる新たな人脈は、今後のJC運動の可能性を拡げ、より発信力の強い発信を行うことが『明るい豊かな社会』の実現に繋がるのです。何事もあきらめたらそこで人の成長は止まってしまいます。自己の成長のためにも、あきらめず積極的に会員拡大をすすめましょう。

【基本組織編成】

1.総務広報渉外委員会
・新年交礼会の開催
・地域へ向けたJC運動の発信
・他会員会議所との交流
・会員拡大への取り組み
・他委員会との連携

2.人間力開発委員会
・日本力を身に着ける人間力開発
・会員拡大への取り組み
・他委員会との連携
・その他事業

3.社会開発委員会
・未来の地域へ向けた社会開発
・会員拡大への取り組み
・他委員会との連携
・その他事業

4.会員拡大特別会議体
・新入会員の拡大
・同世代との交流

【むすびに】

 青年会議所には、日々の仕事や私生活では経験できないチャンスが数多く存在します。これまで与えられたことのない任務を務めるチャンス、会議手法の勉強や事業構築等『個』のスキルを上げるチャンス、多くの方々にこの地域の魅力を発信し、地方創生を成し遂げるチャンス、そして何よりも大切なのが多くの仲間と知り合い、苦楽を共にし、生涯の友になるチャンスです。その多くのチャンスに目を背けることなく1年間確実に目の前にあるチャンスを掴んでいくことが今後の自分自身を成長させ、人生を成功に収める礎になるのです。

 『たった一度の人生だから』『人生楽しんだもの勝ちだから』『せっかくだから』この言葉の次に、チャンスを掴もうと思えるか、楽をしようと思うかでその人の人生は真逆の方向へ進んでいきます。自分自身の明るい豊かな人生の実現に向けて、多くの機会に挑戦し、終身を迎えるときに幸せな人生だったと思える人生を一緒に歩みましょう。

委員会紹介

月間スケジュール
会員企業紹介

JC登別室蘭事務局

アクセス
メールはこちらから

新着情報

過去情報