一般社団法人登別室蘭青年会議所

たがために ~笑顔溢れる未来へ~

ひとづくり委員会

テーマ : 「相思相愛~想いを力にかえて~」

委員長  及川 雄也

登別室蘭青年会議所は今、多くの若いメンバーで構成され新たな時代にいる中、JC運動、活動への想いの違いから利己主義な行動が専行し、互いの想いがつながらないまま時は進み続けています。この現状に真剣に向き合い誰かの困難にも目を向け、力になりたいと想う気持ちで自らを変革させ、困難に立ち向かう時間の共有で成長し合い、信頼のつながりを大切にし、一人ひとりがひとを想いひとを変革させる先導者になる必要があります。

まずは、自分自身と向き合い自己成長に必要な要素を見つけるために、メンバーと向き合い、今我々が直面している問題を追求し、自己成長への意識を変革させることで、JC運動への気概をもたせます。そして、自発的に行動できるひとになるために、個性溢れるメンバーと協働していただき、目的を達成するための時間を共有し個々の責任を自覚し果たすことで、誰からも信頼される人財へと成長させます。さらに、相手を想いやる気持ちを大切にできるひとになるために、一人の力では達成することができない困難に挑戦し、全員が関わらなければ達成できない事業を行い、ひとのために尽くすことで生まれる自身の成長と信頼のつながりを確立させます。また、個々の魅力を引き出し、登別室蘭青年会議所としての誇りを実感させるために、委員会の枠を外し統一した意識で事業に取り組むことで協働する大切さを認識させます。そして、まだ見ぬ同志を増やすために会員拡大特別会議体と連携し、積極的に会員拡大を推進してまいります。さらに、他委員会の事業への想いを共有するために、自ら何ができるかを常に考え行動し他委員会と連携いたします。

ひとを想いやり行動する先導者となった我々は、誰かが困難に立ち向かっているときにこそ力を発揮し、ひとを想いやる行動がひとを変革させ、ひとを大切にできるひとを育み、互いの想いがつながり合うその先には、必ず笑顔溢れる未来が創造できると確信します。

 

<事業計画>

1.JC運動への気概をもてる事業の開催
2.信頼される人材になる事業の開催
3.自身の成長と信頼を確立させる事業の開催
4.道南エリアスポーツ大会参加に向けた運営
5.さよならパーティーの開催
6.会員拡大の取り組み
7.他委員会との連携

 

<事業目的>

1.自己成長に必要な要素を見つけることを目的とします。
2.自発的に行動できるひとになることを目的とします。
3.相手を想いやる気持ちを大切にできるひとになることを目的とします。
4.個々の魅力を引き出すことを目的とします。
5.登別室蘭青年会議所としての誇りを実感させることを目的とします。
6.同志を増やすことを目的とします。
7.想いを共有することを目的とします。

 

委員長 及川 雄也
副委員長 太田 亘
副委員長 相沢 拓矢
委 員 大内 大輔 委 員 川田 翔太郎
委 員 福澤 弘之 委 員 菅原 洋平
委 員 千葉 俊己 委 員 黒田 悠士
委 員 池田 翔一 委 員 上野 翔太
委 員 渡辺 哲也 委 員 草野 雅之
委 員 小島 悠平 委 員 田中 博幸
委 員 楠本 幸貴