一般社団法人登別室蘭青年会議所

たがために ~笑顔溢れる未来へ~

一般社団法人登別室蘭青年会議所 > 総務広報渉外委員会

総務広報渉外委員会

テーマ : 「整理整頓~大事をなす前に小事をなす~」

委員長  南川 達彦

 登別室蘭青年会議所の会員は減少傾向にあり、さらに会員構成は地域とのつながりやLOM運営、事業を学ぶ過程にある入会歴の浅い会員が約半数を占める状況にあります。こうした状況により、LOM運営や事業に対する会員一人ひとりの負荷の増大や地域の悩みに寄り添い、地域に求められる事業を構築しにくいという課題がみられます。今こそ先達の精神性を見習い、課題に挑戦し、乗り越えていける組織に変革していく必要があります。

 まずは、課題に挑戦できる環境を整えるために、会員全員が組織の規律と運営の共通認識を持ち、それぞれの役職や立場による役割の理解を深め、お互いを思いやる関係を生みだし、より大きな力を発揮できるLOM運営を実現します。そして、委員会活動を効果的なものにするために、書類の規格見直しと統一化を行うとともにメディア広報窓口を総務広報渉外委員会に一本化することで他の委員会が事業へ傾注できる環境を整えます。さらに、私たちの運動をより多くの方に知っていただくために、これまで地域を牽引してこられた先輩諸兄をはじめ地域で活動されている諸団体に対し、今年度の私たちの運動方針を示し理解促進を進めることで、先輩諸兄や諸団体とのつながりを深め、地域社会に求められる事業の展開につなげていきます。また、会員の活動意欲の向上と会員拡大を図るために、地域に向けたLOM事業の効果的な広報のあり方を検証し、検証を基に委員会事業に対して広報効果を高めるための提案を行い、事業の効果的な発信を実現することでLOM事業の社会への認知度が高まり、会員の達成感の高揚と市民の入会意識の醸成を図ります。

 組織と運営の徹底した見直しと広報手段の改善により、LOM事業は大きく地域貢献を果たし、私たちはJC活動へのやりがいを感じ、更なる自己成長と新たなる挑戦への意欲が高まり、登別室蘭青年会議所を笑顔溢れる組織に変貌させることができると確信します。

 

<事業計画>

1.組織の規律と運営の認識の共有化
2.委員会書類の見直しと広報窓口の一本化
3.新年交礼会の開催
4.広報のあり方の検証と他委員会事業への効果的広報の提案
5.会員拡大への取り組み

 

<事業目的>

1.挑戦できる環境を整えることを目的とします。
2.委員会の効果的な活動を支援することを目的とします。
3.私たちの運動をより多くの方に知っていただくことを目的とします。
4.会員の活動意欲を高めることを目的とします。
5.組織の拡大を目的とします。

 

委員長 南川 達彦
副委員長 多田 裕一郎
副委員長 濱中 俊高
委 員 髙橋 達朗 委 員 徳本 栄一
委 員 赤根 広介