一般社団法人登別室蘭青年会議所

未来へ紡ぐ人間愛 ~感謝と思いやりの心を持って~

一般社団法人登別室蘭青年会議所 > 総務広報渉外委員会

総務広報渉外委員会

テーマ : 「未来へ紡ぐ組織運営」

委員長  大内 大輔

近年、私たちの組織は会員減少が進み組織力が低下してきていますが、単年度制の文化という中で、さらに次世代に向けた組織運営を模索し、未来へ紡ぐ組織変革が求められています。地域の方々に、より私たちの運動を発信しご理解頂くとともに自身がJAYCEEであるという自覚と責任から品格を兼ね備え、事業や諸会議における姿勢と礼節を重んじ絆を深める交流の場からメンバーの意識を高め、より強固な組織となる必要があります。

まずは、本年度一年間、人間愛を持って運動をしていくために、私たちが中心となって舵取りを行い、運動の方向性をメンバーで共有した上で、各関係諸団体や先輩諸兄の皆様方へ方針を発信してご理解を頂き、つながりを深める事業を開催します。そして、JAYCEEとしての品格を兼ね備えていくために、メンバーに渉外事業の参加を促進し、参加できないメンバーに対しても、刺激を受けて頂ける情報の共有を徹底します。さらに、地域の方々から広く認知される組織となるために、ホームページやSNS等を有効的に活用し、広域に向けた活動内容を発信します。また、常に互いの立場を知り考動できる組織となるために、まず組織のあり方とは何かを検討と改善を繰り返し行い、相手に対する礼節から事業や諸会議に臨む姿勢の規律と運営管理を徹底します。そして、メンバー間の信頼を構築していくために、絆を深める交流事業を行い、同じ目標を目指した上で互いに切磋琢磨し、思いを継承して、人間愛に満ちたコミュニケーションの活性化につなげます。さらに、各委員会の活動を支えていくために、情報を共有し、メンバーの力を引き出します。

次世代にあった組織運営を確立した私たちは、地域から広く認知され、強固な絆を築いたメンバーの活動からコミュニケーションの活性化につながり先輩諸兄から現在まで紡いでこられた思いや伝統を継承して、大いなる人間愛が未来へ紡ぐ組織になると確信します。

 

<事業計画>

1.新年交礼会の開催
2.渉外事業への参加と情報の発信
3.ホームページ、SNS及びコミュニケーションツールの運用と管理
4.未来へ紡ぐ規律と運営管理の徹底
5.道南エリアスポーツ大会参加に向けた運営
6.さよならパーティーの開催
7.会員拡大への取り組み
8.他委員会との情報の共有

 

<事業目的>

1.本年度一年間人間愛を持って運動をしていくことを目的とします。
2.JAYCEEとしての品格を兼ね備えていくことを目的とします。
3.地域の方々から広く認知される組織となることを目的とします。
4.常に互いの立場を知り考動できる組織となることを目的とします。
5.メンバー間の信頼を構築していくことを目的とします。
6.これまで同じ仲間として、活動を共にしてきた卒業生の思いを継承することを目的とします。
7.会員拡大の一助となるような広報活動することを目的とします。
8.各委員会の活動を支えてメンバーの力を引き出していくことを目的とします。

 

委員長 大内 大輔
副委員長 福澤 弘之
副委員長 菊池 昭次
委 員 佐藤 大海 委 員 赤根 広介
委 員 石井 裕子 委 員 川田 翔太郎