一般社団法人登別室蘭青年会議所

星河一天 ~未来(あす)を灯す光の道しるべ~

一般社団法人登別室蘭青年会議所 > 総務広報渉外委員会2022

総務広報渉外委員会2022

テーマ : 「悠悠閑適~実行なきものに成功なし~」

委員長  小島 悠平

私たちは17年の歴史の上で多くの活動を積み重ね、数多の時間をかけ先輩諸氏が築き残した素晴らしい活動、運動を行い輝かしい功績を残してきました。IT技術の発展が絶えず進み続けている中、現状よりも効率的な組織運営を推し進められる無限の可能性を秘めています。LOMが持ち得る潜在的な魅力と、メンバーのまだ見ぬ個性が効果的に発揮され、地域や身近な人からも認められる、信頼され誇れる組織へ躍進する必要があります。
まずは、LOMが力強い一歩を踏み出すために、全メンバーと意識の統一を図り、先輩諸氏や関係諸団体の皆様に信念を示すことで、進むべき方向性に対する組織の連帯が強化されます。そして、効率的な運営が可能な組織へと発展するために、有限な時間の中で円滑な運営を実現できるよう構築から開催までの流れを見直し、事前に内容の確認、質問の受付可能な仕組みを作成し諸会議の時間を短縮することで、メンバーの活動環境を改善します。さらに、メンバーがLOMを想う気持ちを高めるために、同じ時間を共有し、過去の経験の大切さを実感することで、LOMへの帰属意識が確立します。また、地域からの認知度向上のために、良質な情報を発信する通信技術を主軸とした広報活動で、地域の方に活動内容を知っていただくことで、信頼される組織へ発展します。そして、組織成長の糧となる情報を得るために、関係諸団体と連携し、情報交換を行うことで、組織運営の最適化につなげます。さらに、LOMの活動に誇りをもつために、一人ひとりがJC活動に対する価値観を改めて見直すことで、メンバーの会員拡大へ対する働きを活性化させます。
進むべき道を見出し、心ひとつに紡ぎ一人ひとりが有意義な活動ができる体制を整え、帰属意識から信頼できる組織に発展した私たちは、地域に住み暮らす全ての人々からより認知され愛される組織へ変貌を遂げ、光輝く地域の未来に向け、歩み続けると確信します。

 

<事業計画>

1.新年交礼会の開催
2.メンバーの活動環境を改善する取り組み
3.さよならパーティーの開催
4.良質な情報を発信する広報活動
5.組織運営の最適化につながる渉外活動
6.会員拡大へ対する働きを活性化させる取り組み

 

<事業目的>

1.LOMが力強い一歩を踏み出すことを目的とします。
2.効率的な運営が可能な組織へと発展することを目的とします。
3.LOMを想う気持ちを高めることを目的とします。
4.地域からの認知度向上をさせることを目的とします。
5.組織成長の糧となる情報を得ることを目的とします。
6.LOMの活動に誇りをもつことを目的とします。

 

理事・委員長 小 島 悠 平
理事・副委員長 楠 本 謙 志
副委員長 佐々木 一 真
理事・委員 多 田 裕一郎 委 員 上 野 翔 太
委 員 洲 崎 和 広 委 員 小 椋 翔 平
委 員 小 林 亮 介